kazuk は null に触れてしまった

C# / .NET 系技術ネタ縛りでお送りしております

Vivado HLS で Windows 版バイナリは出ているが


 

C Simulation が使えないので、割と即詰むようだ。

パイプライン化を試そうと #pragma HLS PIPELINE を一行入れたら WARNING: [RTGEN 206-101] がワラワラと

Please use C simulation to confirm this function argument can be read from or written to.

って言われたので C Simulation 動かしたら、WARNING: [SIM 51] HLS only supports CLANG compiler in Linux.

なので、開発環境として Windows は使えないようです。

 

ま、ありがちな事ではありますが、 HLS に続くBitstream生成で割と大量なメモリを要求する事は目に見えているので仮想マシンで用意するのもホストOS分つらくなるし幸いに使用頻度の低いマシンがあるので Linux を物理インスタンスに導入しようそうしようといった感じ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。